menu

RECIPE旬のレシピ

【フードプロセッサー”マルチシェフ”で作る旬のレシピ】山下春幸シェフのメニュー

日本小豆善哉 ブランデークリーム添え

CHEF'S COMMENT

小豆の皮が残らず、なめらかな舌触り。人手不足の時代に非常に有効なマシンですね

今回は、独自の視点で創造する「新和食」を提供する山下春幸氏によるデザートで、栗の蜜煮入りぜんざいをご紹介します。これも和食のオーソドックスな1品ですが、山下氏はブランデー風味のクリームをトッピングし、洋の香りとの意外性のある組み合わせに個性が光ります。
「炊いた小豆をマルチシェフで撹拌すると、パワフルで刃の切れ味もよいので、皮ごときれいにカットしてなめらかなピューレに仕上がります」
本来、葛粉は水で溶いてから炊いた小豆と合わせるが、ワークボールに粉上のまま入れて撹拌。きれいに混ぜ合わせることができるのもマルチシェフが持つ威力ならではです。「マルチシェフの性能の高さはむろん、人手不足の時代、効率的にクオリティーの高い調理ができることが非常に魅力です」

Profile

山下春幸シェフ / HAL YAMASHITA 東京本店

1969年兵庫県生まれ。世界での修行を経て、2003年に神戸で「NADABAN DINING」を開業。’07年に東京ミッドタウン「HAL YAMASHITA 東京」、’12年に東京スカイツリー「TOP TABLES SKYTREE TOWN」、阪急うめだ本店「HAL YAMASHITA 大阪梅田、’13年に大手町「HAL YAMASHITA 大手町Lounge」をオープン。

RECIPE

日本小豆善哉 ブランデークリーム添え

  1. STEP 1 小豆100gを水500gに一日漬け、上白糖200gを加えてゆっくり炊く(a)

  2. STEP 2 マルチシェフ フードプロセッサーに、(a)120g、葛粉6g、薄口醤油0.5g、塩0.2gを入れて撹拌する(b)

  3. STEP 3 カクテルグラスに(b)を流しいれ、栗の蜜煮を沈め、冷蔵庫で冷やす。ブランデーと砂糖を入れて泡立てた生クリーム、イチゴ、ミント、金箔で飾る。

無料おためし
貸出サービス

ご購入前にぜひマルチシェフを
おためしください。

MORE